2006年05月10日

ジブリ愛憎

必死のぱっちで目録アップの作業中です。

なのに、ついふらふらとゲド戦記HPを見てしまいました。
私は好きな小説が映像化されるときは、
原作どおりになっていないとイヤなので、
ジブリがゲド戦記をやると知ったときは、がっかり。

きっと原型を留めることはないはず、と否定的だったのに。
予告を見ると悔しいくらい、絵が綺麗で、
作品が見たくなってしまいました。
こんなのゲド戦記じゃない、って叫ぶことは
わかってるのに、わかってるのに・・・ああ複雑。

この前のハウルも原作の奔放さが破壊され、
ストーリーがはちゃめちゃになってるし、
ハウルは紳士になっちゃってるよ〜、
と憤慨しつつも映画館に2回、観にいったし。

子どもの頃、初恋はコナンといえるくらい
放送されてた未来少年コナンには夢中で、
カリオストロの城も大好きでした。

それらが同じ宮崎作品とは知らなかったのですが、
知らず知らず小さい頃から虜だったわけで。
今でも宮崎アニメの予告や、作品の導入部分を見ると物語への期待で、
条件反射のごとく胸がドキドキしてしまいます。
もはやこの体は、宮崎アニメを愛さずにはいられない
何かに蝕まれてるんです。まさにマクドナルド戦略※です。

せめて、原作なしで作ってくれればいいのに。
もしくは読んだことのない原作。
でも、ゲド戦記は好きだったけど、
詳細なあらすじは忘れてしまったので、
さほどショックではないかもしれない。
自分にそう言い聞かせ、きっと映画を見て憤る私。


※マクドナルド戦略
子どもの頃からマクドナルドを食べていると、
大人になってもマクドナルドを好きで食べ続けてくれる。
そしてその子が親になったときは、
また子どもを連れてマクドナルドを食べにくる・・・
マクドナルドフォーエヴァーな作戦のこと。
posted by ハロル堂 at 13:42| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

連休明け

GWが終ってしまいました。
5日にホームページをオープンするつもりでしたが、
ちょっと挫折。目標は今週中です。

ブログも更新せずに、ひたすら作業してた・・・と
言いたいのですが、ちょろちょろ遊びにでかけたり、
家の中では作業と子守りをだんなにまかせて
ひたすら本を読んでました。

連休中はだらけるので、せめてもの抵抗に
ささやかな目標をたててます。
今回はホームページの開設と『ヒストリアン』読破
の2つだったんですが、2兎追うもの・・
状態に途中できづき、ヒストリアンを選択しました。

選択したというか、選択せざるを終えなかったというか・・。
読んでて先が気になるのと、話が怖かったので、
途中でやめることができませんでした。
小説を途中でおいてると、いつまでも物語が
自分にぶら下がってるきがします。
ヒストリアンの場合、もれなくドラキュラがついてきました。
お願いだからこのドラキュラを退治してくれ・・・と
必死で読み終えました。感想は長くなりそうだからまた今度。
posted by ハロル堂 at 07:17| Comment(7) | TrackBack(13) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

古物商許可証3

ようやく古物商営業許可証の申請に行ってきました。
過去記事を確認すると申請書類をもらいにいったのは3月8日。
法務局などに証明書を取りに行ったのが4月7日。
どうやら私の行動力は一ヶ月に一回発揮されるようです。

自分に言い訳すると、前回はぼんと二人ベビーカーでいったら、
警察署内で孤立無援のご無体な仕打ちを受けたので、
今度行くときは、だんなと一緒に行こうと考えたからです。
でも、なかなか平日に休みを取ることができないので、
ずるずるずるとここまで来てしまいました。

担当者がコワかったので、憂鬱かつ緊張していたのですが、
今回は違う人が受け付けてくれ、いたって普通に処理してくれました。
前回が前回だっただけに、後光がさすほど優しく思えたくらいです。
警察も悪いとこじゃないのね、と単純に認識を改めました。

緊張のあまり、コピーしなきゃいけない書類をコピーし忘れるわ、
お金も忘れるわ、とサザエさん状態になっていた私ですが、
今回の担当者さんはコピーをとってきてくれたし(コピー代浮いた)
お金を忘れた私に、前回ちゃんと説明してなかったんですね、と
謝りさえしてくれました。(違います。純粋に私が忘れてたんです・・・)
幸い警察の近所にコンビニがあったので、そこでお金をおろせました。
しみじみ便利な世の中でよかった。

書類を揃えながら、面接をしますねということで質問を受けました。
内容は「なぜ書籍を扱うのか」「経験の有無」
「収入金額の予定」「何冊くらい販売するのか」といったこと。
前回、申請書をもらいにいったときとほぼ同じでした。

そのさいも担当者さんは
「こんなことを尋ねるのは失礼かもしれないのですが、
尋ねておかなければならないので・・・」との前置き。
前回なんてズバズバ尋問みたいだったのに。
ああ、人が変るとこんなにも変るものなのか。

書類を無事提出できたので、あとは許可がおりるのを待つのみです。

ご参考までに古物商許可証の提出書類は以下のとおりです。
興味のある方はどうぞ!

続きを読む
posted by ハロル堂 at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷走中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。