2005年08月21日

男と女のあいだには

ウォーターボーイズはすっかり夏の定番商品ですね。
今までろくに見たことなかったのですが、今回は舞台になってる島の青い海と空があまりにも美しかったので見てしまいました。

だから男子シンクロをちゃんと見たのも、今回が初めてです。男子シンクロというと、え?って思うけど水の中のマスゲームなんですね。見ていて気持ちよかった!よいではないか、男子シンクロ!! (いまさらですが)

ウォーターボーイズみたいに、男女の垣根を超えてくハシリってのはおもしろいですね。女が男の領域に踏みこんでいく物語はシリアスですが、男が女の領域にやってくると喜劇になってしまう。なんででしょうね。泥沼ジェンダー論になっちゃうんでそれはさておき、男がやる新体操をとりあげてるのは『男の華園−A10大学男子新体操部−』(桑田乃梨子 白泉社 全4巻)。

文学青年の主人公は、先輩たちに人数合わせのため男子新体操部に入部させられます。書いてる小説はス×ーピー以下、片思いの女の子には接近できず、ダメっこ主人公が、くせ者揃いの先輩たちにふりまわされる大学生活が面白く、どこか懐かしい。作者は別の本のあとがきに『ピンクパンチ雅』(逆井五郎・武論尊 オハヨー出版)を書いてしまうおちゃめさん♪とぼけた登場人物の絶妙のボケの間合いが楽しめる作品が多数あり、このごろは青年マンガ誌でご活躍されてます。
posted by ハロル堂 at 12:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。