2005年11月25日

極楽青春ホッケー部

久しぶりに森永先生の作品を読んで存分に笑わせてもらいました。

はじめて森永先生の漫画をよんだのは、高校のとき。悪友に借りた聖××星矢の同人誌でした。とにかくすっごくおもしろかった。(内容は覚えてません。なんせ10代の頃ですぜ)

それからだいぶ経って、偶然本屋さんで『山田太郎ものがたり』を発見して、森永先生の出世振りに納得の感動。森永先生の漫画の持ち味は、美形キャラのいじめられっぷりにあると思うのですが、『あひるの王子さま』は主人公がかわいそすぎて、ついていけなくなってしまい途中で挫折。

別フレで連載されているという、今回のおはなし。花ゆめ・別マ派だった私が別フレコミックスを手に取るのは、高校のとき以来です。別フレってごく普通の女の子が読む雑誌というイメージ。そんな中、森永先生はどんなお話を書いているんだろうと思いきや、温泉とグルメで彩られているものの、中身はやっぱり森永先生でした。

今回のいじめられっ子は主人公の女の子ですが、客観的に見ればかっこいい男の子に囲まれ、ただで温泉・グルメ三昧。心底うらやましい・・・。はなちゃんと泉くんの関係は、鳥居先生と永原教授によく似てる〜。似てるといえば、若じいや崇くんがジャンプの手塚先輩に見えます・・・。



posted by ハロル堂 at 22:11| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。