2005年09月15日

正しい例:人口に膾炙する(大辞林より)

今日は大阪のOBP、ツイン21で行われている古書市に行ってきました。
子連れで京都→大阪はちょっとした旅行気分です。

久しぶりに京阪電車の特急に乗車。
以前から特急では車掌さんがカードを売り歩いてました。が、静かにしろと言われたのか、無言でカードの入ったファイルを左右に振り振りしながら歩いてて、ダフ屋のよう。

それはさておき京橋到着。
OBP、さすがオオサカビジネスパーク!ビジネスマンがいっぱい!!ヒデキ感激です。
雰囲気に弱い私は、行きかうビジネスマンを見るだけで会社で働きたくなります。
一緒につかつか歩いて、ちょっとだけ会社員気分。
とはいえ、現実には抱っこひも着用のカンガルー状態

かんじんかなめの古書市。屋内なのに、ガラスの天井から太陽光線が眩しい・・。
目がつぶれて、古書のタイトルが見えません。
しょうもない嘘はさておき、お昼休憩中のサラリーマン部長ふうが「うむうむ」てなかんじで徘徊してたり、子どもへのおみやげなのか主任クラスの人が××レンジャーの幼児えほんを手にとってたり。OBPならではの古書市風景が楽しめました。

でもって、以前働いていた会社が同じくOBPにあるので、同僚たちとお昼休憩のランチを一緒に楽しみました。

ちょっと会社が恋しい秋のはじまり。(なぜかうちのパソコンはいつも膾炙と変換、気分をぶち壊し・・・)
posted by ハロル堂 at 21:52| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6961031

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。