2005年08月30日

ああ、夏休み

いよいよ夏休みも終わりです。(大学生はまだだろうけど)
大人になって悲しいのは夏休みがないこと、大人になって嬉しいのは夏休みの宿題がないこと。子どもの頃の私は、8月末、けんしょう炎になる勢いで宿題をやってました。

みんなそんなもんだろうと思ってたのに、姪っ子がお盆にはほぼ宿題を終えてると知り、衝撃。嘘だ。嘘だ。そんな小学生がいるなんて!!!ましてやそれが我が姪だなんて!

作文を一晩でまとめて書き上げたこともありました。5枚を4種類で計20枚。ちょっとした作家気分です。(←バカ)何を書いたかなんてほとんど覚えちゃいませんが、唯一記憶にあるのが中学生のとき『モーゼスおばあさんの絵の世界―田園生活100年の自伝』(アンナ・M・R・モーゼス 未来社)の読書感想文を先生にほめてもらったこと。

グランマ・モーゼスはアメリカの画家。晩年になって絵を描きはじめ、素朴で温かい人柄がそのまま表れた優しい絵が見るものの心まで暖かくします。私もそんな人になりたいものです。

なんてことは書いちゃいませんが、グランマ・モーゼスの絵を見かけると懐かしくなります。ちなみにクラスで一番の秀才に「うまくあとがきをまとめたな」と言われ、やはり秀才は違うなあと感心した記憶ももれなくついてます。
posted by ハロル堂 at 21:54| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6389174

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。