2006年05月03日

古物商許可証3

ようやく古物商営業許可証の申請に行ってきました。
過去記事を確認すると申請書類をもらいにいったのは3月8日。
法務局などに証明書を取りに行ったのが4月7日。
どうやら私の行動力は一ヶ月に一回発揮されるようです。

自分に言い訳すると、前回はぼんと二人ベビーカーでいったら、
警察署内で孤立無援のご無体な仕打ちを受けたので、
今度行くときは、だんなと一緒に行こうと考えたからです。
でも、なかなか平日に休みを取ることができないので、
ずるずるずるとここまで来てしまいました。

担当者がコワかったので、憂鬱かつ緊張していたのですが、
今回は違う人が受け付けてくれ、いたって普通に処理してくれました。
前回が前回だっただけに、後光がさすほど優しく思えたくらいです。
警察も悪いとこじゃないのね、と単純に認識を改めました。

緊張のあまり、コピーしなきゃいけない書類をコピーし忘れるわ、
お金も忘れるわ、とサザエさん状態になっていた私ですが、
今回の担当者さんはコピーをとってきてくれたし(コピー代浮いた)
お金を忘れた私に、前回ちゃんと説明してなかったんですね、と
謝りさえしてくれました。(違います。純粋に私が忘れてたんです・・・)
幸い警察の近所にコンビニがあったので、そこでお金をおろせました。
しみじみ便利な世の中でよかった。

書類を揃えながら、面接をしますねということで質問を受けました。
内容は「なぜ書籍を扱うのか」「経験の有無」
「収入金額の予定」「何冊くらい販売するのか」といったこと。
前回、申請書をもらいにいったときとほぼ同じでした。

そのさいも担当者さんは
「こんなことを尋ねるのは失礼かもしれないのですが、
尋ねておかなければならないので・・・」との前置き。
前回なんてズバズバ尋問みたいだったのに。
ああ、人が変るとこんなにも変るものなのか。

書類を無事提出できたので、あとは許可がおりるのを待つのみです。

ご参考までに古物商許可証の提出書類は以下のとおりです。
興味のある方はどうぞ!

@許可申請書二種
A誓約書
B住民票の写し
C身分証明書
D登記されていないことの証明書
E履歴書
Fホームページのアドレス
Gプロバイダとの契約書
Hホームページのトップページ
I自宅の建物証明
J自宅の見取り図

@AFは警察で所定の用紙をいただきました。
Bは区役所、Cは本籍地の役所、Dは法務局にて発行。
F以降はネットショップで自宅営業の場合に必要です。

私が申請者、だんなを管理者にしたので、
A〜Eの書類はそれぞれ2枚準備しました。

書類を訂正したり、証紙に割り印するので、
申請時には印鑑を必携しましょう。

それから忘れちゃいけない19,000円の収入証紙。
これは警察署内の会計課で購入できます。
クレジットカードは使用できません。(当たり前だ)
皆様、くれぐれもお金を持って出かけてください・・・。
posted by ハロル堂 at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷走中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
そろそろ、お店もオープンですか?
(プレッシャーをかけている訳ではないですよ。)

これからも大変でしょうが、頑張ってくださいね。
Posted by Sleepy at 2006年05月05日 19:30
Sleepyさま

ありがとうございます。
無事に許可証をいただけるのを
待つのみです。

連休中にオープンするつもりが、
ちょっと延びてしまいました。
今週こそ頑張ります。





Posted by ハロル堂 at 2006年05月08日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17329858

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。