2006年04月28日

マンガの道

『マンガの道―私はなぜマンガ家になったのか』
という本を読みました。安野モヨコ・山本直樹・
江口寿史など11人の人気漫画家の自叙伝です。

最初、手に取ったのは漫画という文字にひかれたからですが、
収録された作家のメンバーを見てちょっと興奮。
いや、有名作家ばかりだからというんじゃなく、
その中に会社で同期だった人がまじってたからです。

「オレ、漫画家の××知ってるんだぜ〜」
みたいなノリでお恥ずかしいのですが、
彼女には会社で働いてたとき、ほんとお世話になりっぱなしで、
じわじわと昔のことを思い出してしまいました。

彼女の作品はよく見かけるので元気なんだな、
と思ってましたが、
この本で久しぶりに声を聞けて嬉しかったです。
それからかっこいい写真も掲載されてて、
瞳の強さは変ってないなあ、としみじみ。
私も負けずにがんばらないといけないぞ、と
勝手にはげましてもらいました。

ちなみに個人的な思い入れのあった彼女以外の
漫画家さんの内容も興味深いものでした。
それぞれの漫画家さんの背景に、漫画の歴史を感じられ、
漫画が好きなら、うなずきながら読み進められるはず。

子どもの頃に好きだった江口寿史さんの話には
当時のジャンプを思い出してしまいました。
ひばりくんがポツポツ休みはじめて、
結局うやむやのうちに終ったのは寂しかったな。
江口先生大好きだったし。
私は「すすめパイレーツ」に野球界と千葉と
過去のヒーロー物を学びました。(なのでちょっと認識が歪んでる)

安野さんは、美人画報などあちこちで見かけるのでさておき、
山本さんの写真は取り調べ受けてるみたいです。
作風が作風だけに、意図してこの写真?いや、まさか。

それから、矢沢あい。
『NANA』はいまだに読んだことがなかったんですが、、
読んでみたくなりました。
りぼんや少女漫画のことなど、11人の中で一番共感。
posted by ハロル堂 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17131587

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。