2006年04月26日

函トラウマ

実家からとりあえず段ボール5箱ほど
本を持って帰ってきました。
半分は昔買った漫画。とりあえずもう一回読んじゃおう。

実家にある本は、亡父の蔵書・私と兄の漫画がほとんどです。
父の蔵書は民俗学関係の本が多いので、
私には扱いきれません・・・。
メジャーなとこで、柳田国男全集・南方熊楠全集とか。
10何年もほったらかしだったので、とても可哀想な状態になってます。
とりあえず、冊数が少ない熊楠だけ持って帰ってきました。
でも読んだら手放せなくなりそうだ。どうしよう。

ここらへんはまだ読めるんですが、
群書類従なんて、私にはてんでお手上げです。
ほかにも書名すらわからない本や冊子。
父親はこんなの読んでいたのかと思うと、
今さらだけどちょっと尊敬です。

昔の全集やら単行本はほとんど函に入っているので、
久しぶりに函トラウマが復活。
子どもの頃に函から本を出していたら、
ゴキブリの糞みたいな小さな黒い粒粒が、
ざざーっと大量に出てきて、本を投げ飛ばすくらい驚きました。
しょうもないトラウマですが、今でも函つき本を取り出すときは、
なんか出てくるんじゃないかと何度も振って、音を確かめてしまいます。
posted by ハロル堂 at 07:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その気持ちわかります。
ちなみに僕は「鉢植え」トラウマです。
(持ち上げた瞬間無数の??がわさーっと・・・これ以上は思い出し鳥肌になるのでいいませんw)
Posted by suig-k at 2006年04月26日 21:10
たしかに、ずっと置きっぱなしになっている鉢を
動かすのも勇気がいりますね。
それに、鉢の土の中も。
・・・寒い話になってしまいました。
Posted by ハロル堂 at 2006年04月27日 06:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。