2006年03月20日

京都府知事選に物思う

京都では4月に府知事選が行われます。
今のところ、現職と女性の立候補予定者が二人。
ここ数日、女性立候補者からのビラがポストに入ってます。

ビラを読んでいて、前々から気になってたことが書かれていて、
それが頭の片隅から離れなくなってしまいました。
何かというと、それはゴミ問題。

京都ではゴミの分別がほとんどおこなわれていません※※
リサイクルできるペットボトルやスチール缶は週1回収。
鍋、フライパンなどの小型金属が月1回。粗大ゴミは有料回収。
アルミ缶、牛乳パック、卵パック、食品のトレイなどは
スーパーにて回収。電池は区役所にて回収。
それ以外のゴミについては分別なし。

初めて京都に来たときは、本当にこのまま捨てていいんだろうか、
と戸惑ったもんです。学生の街とも呼ばれる京都だから、
私のように地方からやってきて、驚く学生はたくさんいると思います。

ビラには、地方出身の学生の「どうしてゴミをわけなくていいんですか?」
との問いに現職知事は「京都の焼却炉は高性能だからです」と答えた、
というようなことが書かれていました。

えええ、そうなの!そんな超高性能の焼却炉が存在するの?
みんな一緒に燃やしちゃっても大丈夫なの?
燃えないゴミを燃やしても二酸化炭素もダイオキシンもでないの?
じゃあどうして、ドイツではあんなに分別してるの?

知識がないので、わからないことだらけですが、
それでも、燃えないごみでもなんでも焼却してる
超高性能焼却炉が、環境に優しいとは信じられません。

なまじ京都は「京都議定書」を引き合いに出して、
環境を謳ってることが多いだけに、
ゴミの分別が充分にできてないことが恥ずかしい。
それとも、分別しなくても大丈夫なのかな・・・。
そんなことをモヤモヤ考えつつ、今日もゴミを出してます。


※※後日訂正です※※
コメントにてご指摘いただいたとおり、
私の表現が厳しすぎたようですので、
記事の内容を以下のとおり訂正いたします。

「京都市ではゴミの分別がほとんどおこなわれていない」わけではなく、
「生ゴミ・紙類・プラスチック類・ガラス類・ゴム・革類」が
すべて家庭ごみとして収集されており、
スチール缶、飲料瓶、ペットボトル、小型金属などは分別収集されています。

なお、京都市では数年内にプラスチックの分別収集を
開始する予定で、現在京都市内の一部地域では
実験的プラスチックの分別収集が行われております。


posted by ハロル堂 at 08:09| Comment(6) | TrackBack(1) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「京都ではゴミの分別がほとんどおこなわれていません。
燃えるゴミと燃えないゴミをわけなくてもいいんです。」

こんな事、京都市のWEBには 出てませんよ。
きちんと、区分けして、指定の収集日に出してくださいと書いてありますよ。

あなたがそれを知らないだけ?
それとも、あなたを含めて周りの人の認識が低いだけですか?
Posted by ほんとに京都市民なんですか? at 2006年03月27日 22:28
私の表現が気に障ったのでしたら、ごめんなさい。

区分けしてゴミを出しても、京都市では燃えないゴミ(プラスチック)
と燃えるゴミを別々に収集していない、ということです。
Posted by さんご at 2006年03月27日 23:29
「京都市では燃えないゴミ(プラスチック)
と燃えるゴミを別々に収集していない」
???
嘘でしょ
収集品目が、曜日で分かれてませんか?

もし、決められた収集品目と違うものも
出していて 一緒に持っていってもらってるのなら
それは、出す側の責任ではないですか?

一度 京都市の公式ページを見てみれば?
http://www.city.kyoto.jp/koho/ind_h.htm

それで納得いけば 訂正文をお願いしますね
Posted by ほんとに京都市民なんですか? at 2006年03月28日 22:30
ご丁寧にありがとうございます。

最初にコメントを戴いた際にびっくりしたので
再確認したのですが、京都市では生ゴミ・紙類・
プラスチック・ガラス類・ゴム・革類が
家庭ごみとして扱われていて、
同じ日に収集されています。

スチール缶、ペットボトル、小型金属等は
別の曜日に収集されてますし、
アルミ缶や卵パック、牛乳パック食品トレイが
スーパーで回収されていることについては、
あらかじめ記事の中に書いてあります。

京都市に住む前は、プラスチック類・ガラス・ゴム革は
生ゴミ・紙類などとは別に収集されていたので、
家庭ごみとしてひとくくりになっていることに
個人的に強い抵抗を感じてしまうのです。

とはいえ、「ゴミの分別がほとんどおこなわれていない」
という私の表現は厳しすぎました。
記事の訂正を追加いたしましたのでご確認ください。

ゴミ問題、自分の文章記述について、よい勉強になりました。
ありがとうございます。
Posted by さ at 2006年03月29日 12:21
ゴミについてですが、確かに家庭ごみと金属類やガラス・ペットボトルなどは分別していますが、
ここからが問題です。
京都では(正確には京都市では)、どれだけ分別しようとも、運ばれる先は同じ焼却炉の釜の中だったりする現実をご存知?
確かに京都の焼却炉は高性能です(見学に行ってみてきました)。
が、だからって、リサイクルできる資源を一緒に燃やすのって、このご時世にどうよ?
Posted by まこと at 2006年03月31日 14:53
まこと様。コメントありがとうございます。
焼却炉を実際にご覧になったんですね。

どれだけ分別しようとも、ってまさかペットボトルも
一緒に燃やされてるんですか・・・?
私は家庭ごみだけが燃やされてるのだと思ってました。
リサイクルするのにもお金がかかるというけれど、
なんとも腑におちない実態なんですね。
Posted by さんご at 2006年03月31日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15114739

この記事へのトラックバック

[WEB制作]アルミ缶のリサイクル
Excerpt:  ナカガワメタルのホームページを更新しました。  回収したアルミ缶を再生してゴミ集積所用の看板を作り荒川区に納品したので、そのことを全国的に広めて欲しいということでした。  この会社は昨年ISO140..
Weblog: 私の日記
Tracked: 2006-03-25 09:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。