2006年03月09日

沖縄3(牧志公設市場)

公設市場の周辺は、いつ行っても懐かしい匂いがします。
匂いっていうのは、本当の匂いのことで、
南国の食べ物やら衣類やらのごちゃまぜの匂い。
徳島県出身の私がなんで懐かしくなるのかというと、
子どもの頃よく遊びに行った、高知の伯母の家の匂いと同じだから。
同じ南国つながり、ということでささやかな共通点なわけです。

いつもはあてどなく、ふらふら歩くだけなんですが、
今回は、ちょこっとした目的がありました。
日本一ちっちゃいことで有名な古本屋さんのとくふく堂さん
見ることができればよいなあ、ということ。
公設市場の正面という記憶だけだったんですが、
うろうろしてたら見つかりました。

お店はほんとにちっちゃい!狭い!看板に偽りなし!
朝青龍は確実に入店できません。
ホンジャマカ石塚さんもたぶん無理。
閉所恐怖症の人はどうなんだろう。
面倒終太郎はダメかもしれない。

お店のご主人さんはお店の正面で
フレンドリーな笑顔で座ってらっしゃいました。
こんな↓お店のチラシを戴きました。
DSC00310.jpg

いろいろな本屋さんがあるってほんと楽しい。
というか、公設市場前というロケーションでの商売、
いいなあ、私もあんなとこで働いてみたいわって憧れてたら、、
なんと現在ボランティア店番を募集されてました。おお。
どこでもドアがあれば、行けるんだけどなあ・・・・。

心残りは、せっかくだから本を一冊買えばよかったなということ。
お腹がすいててぼんやりしてたので、お店を見ただけで満足して
帰ってしまいました。残念。
posted by ハロル堂 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14541837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。