2006年03月08日

悲しいとき〜

仕事から帰ってきただんなに、
古物商許可証がなんで必要かということを
自信満々で教えようとしました。

・・・だんなは盗品の流通防止のためと知っていました。
そんなら、人が行く前に教えてちょうだいな!!

だんなにとっては、言うまでもないことだったようです。
そもそも許可証発行に警察が関わっているのは、
盗品の監視目的だからだろう、って、そうなんですか。

知らなかったのは私だけ?
いやいや、こういう過ちは誰にだってあるはず。
と言い聞かせつつ、軽く落ち込み中。
posted by ハロル堂 at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷走中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、人気ブログランキングから
遊びに来ました。Sleepyと申します。

我が家の主人も古物商の免許を持ってます。
私が聞いた話では、そんなに不快な思いは
しなかったようです。
確かに盗品を扱った場合には大変な事に
なるので、免許を与える側も厳しくしなければ
いけないようです。
免許取得後も年に一回講習会もあるようで、
警察から郵便物が来るとビックリしますよ。

いろいろ、行かなければならないところも
ありますので、大変でしょうが取れれば
ネットショップも開けますし、がんばってくださいね。

Posted by Sleepy at 2006年03月09日 14:42
Sleepyさま、心優しいお言葉ありがとうございます!
免許取得後も講習会があるんですね。
取ってしまえばこちらのもの、と甘く考えておりました。
ともかくあきらめず、書類をそろえて警察に行ってきます。
Posted by さんご at 2006年03月09日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。