2006年01月16日

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり

14日深夜に放送されてた『レイザーラモンHG2006〜そして伝説へ〜』を見ました。
売れすぎたHGが2006年にも通用する新キャラを、という企画番組です。

2005年、まさかの大ブレイクをはたしたレイザーラモンHG。
これだけ売れると反動があるのが世の常。

 驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し

ってやつです。けど住谷君はこの頃、そんな危うい情況を売りにしてますね。
オールザッツ漫才でも、HGに続け!の新キャラコレの審査員してたし。

番組では5種類のレイザーラモンが登場。

1、なかやまきんに君プロデュース
「レイザーラモンBBB(ビンビンボーイズ)」

 なかやまきんに君とレイザーラモンがならぶと、
 ほんまもんのゲイに人気がありそう・・・。
 二人ともいい体してるし。

2、読売テレビの新人アナプロデュース
「レイザーラモンNC(ニュースキャスター)」

 先日の「なるトモ」で浅越ゴエと一緒に出てました。
 ガタイがいいからスーツが似合うのがいいです。

3、島木譲二プロデュース
「レイザーラモンSJ(シマキ ジョウジ)」
 
 ノーコメント。だってそのまんまSJです・・・

4、小藪千豊プロデュース
「レイザーラモンBT(ボディトーク)」

 一番おもしろかった!
 キャラはさておき、企画が。
 小藪くんと一緒に、神社の前で新感覚大喜利で競い合うのですが、
 解説がバッファロー吾郎。ボディートーク十段、尾崎麿基・・・って誰?
 50年に一度の大技「歌丸」に大爆笑です。

5、末成由美プロデュース
「レイザーラモンSK(シノヤマ キシン」
 
 深夜番組ならではのサービスだったのか、
 グラビア〜なお姉さんがメインです。


結局、2006年もHGでいくっていうオチなんですが、
なんだかんだでバックは吉本だし、吉本新喜劇にでてるから
消えちゃうってことはないはず。

お笑い芸人壱番館!」のお笑い試食人★ひこさんの
記事を読んでて、同じように(というか私よりはるかに説得力あり)
考えている人がいて一安心です。

今年も強気でがんばって欲しいものです。
posted by ハロル堂 at 01:11| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さんごさんへ

記事中のご紹介ありがとうございます^^!

レイザーラモンHGも生き残りに向けて
頑張っていますよね。

ピンのネタとしては厳しいだけに、新喜劇みたいな
たくさんの芸人さんの中で生きるキャラを
目指すのでしょうかね?

しかし、末成由美プロデュースや島木譲二プロデュースって
凄いですね^^;
Posted by お笑い試食人★ひこ at 2006年01月16日 21:40
コメントありがとうございます!

お笑い芸人壱番館、いつも楽しく拝見しています。

HGの番組では、新喜劇メンバーの深い絆を改めて感じましたよ。
Posted by さんご at 2006年01月17日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11751467

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。