2006年01月07日

ドロシーおばさんの秘密!?

ひねくれ者なので、啓蒙書のたぐいは苦手なんですが、
心が弱くなっているとき、ちょっと読んでしまいます。

『ドロシーおばさんの大事なことに気づく』を
ブックオフで見つけました。
ドロシーおばさんといえば、『子どもが育つ魔法の言葉』で
ブレイク(?)したおばさんです。

『子どもが育つ魔法の言葉』はよく見かけますが、
この本は見たことがない。それにドロシーさんは
先日お亡くなりになったとのこと、
ここはいっちょ素直に教えを請うてみようと、読んでみました。

なるほどなるほど、と読みすすんでいたのですが、
途中で「東大へ行った」と書いてます。
??訳者の意訳か?おいおいおい?と訝しみながらも
ともかく読み進むと追い討ちをかける、さらなる衝撃の告白

私は男

えええ、ドロシーおばさんってだったの!!
ドロシーって女の名前やん、ていうかおばさんって
名乗っちゃってるよ!?
掲載されてる写真だって女だよ?

もしかして、アメリカの美輪明宏?ピーター?
カルーセル麻紀??

冷静になり、改めて本を調べると

『ドロシーおばさんの大事なことに気づく』
加藤諦三
詩 ドロシー・ロー・ノルト
訳 石井千春

となってました。

どうやらドロシーおばさんの詩をもとに
加藤さんって日本人が書いた本だったようです。
紛らわしい。というかまんまと騙されたようで悔しい。

・・・いや、たんに私がうっかりなだけなのか。(反省)

4594035515ドロシーおばさんの大事なことに気づく
加藤 諦三 Dorothy L. Nolte 石井 千春
扶桑社 2002-06

by G-Tools
posted by ハロル堂 at 23:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急がばまわれ

昨年の読書量は惨憺たるものでした。

子どもが生まれたのでしょうがないと思うものの、
ダメージを受けず読書を楽しんでいるだんなを
見ると腹がたちます。

こんなとき速読が出来たら・・・ということで
昔、だんなが買っていた速読の本をパラ読みしてみました。

その名も「あなたもいままでの10倍速く本がよめる」!

あなたもいままでの10倍速く本が読めるあなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ 神田 昌典

by G-Tools


ん〜。どうなんでしょう。
大学受験のときの国語の試験問題の読み方&
ドラえもんの道具、暗記食パンを彷彿させます。
これは実用本には活用できそうですが、小説を
読むにはちょっと不向きです。

小説は、面白ければ面白いほどゆっくり味わって
読みたいものですから、速読なんて必要ないわけで。

今年はもうちょっと本が読めるといいなあ。


ちなみに、わかりやすい続編もでてるようです。

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める
フォトリーディング公認インストラクターズ 神田 昌典

by G-Tools


やっぱり暗記食パンだ。



posted by ハロル堂 at 00:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。